北欧クリスマス2016 マリア・モッテンソン/カンラン


ラップランドに太古から伝わる奇跡の音楽ヨイク「大地のささやき」

マリア・ヘレナ・フェルハイム・モッテンソン Marja Helena Fjellheim Mortensson 来日公演


Act:カンラン
         マリア・モッテンソン Vo & 榊原明子 Piano
日時:2016年12月9日(金)開場18時30分/開演19時
料金:前売3,000円/当日3,500円(1ドリンクオーダー別)
会場:サライ 松阪市日野町604 サニービル 2F 0598 21 3130
お問い合わせ:サハラブルー 0598 22 1174   info@saharableu.com

Kanran

トリタニタツシ  Mandora
                       Kontrabasharpa med dubbellek
                       Hurdy Gurdy
アヤコ            Vo、Hurdy Gurdy
カリーム   Percussion

◆トリタニタツシ:マルチ弦楽器奏者
世界中を旅して、土地の音楽に触れる中で、20年以上前に北欧音楽に出会い魅了される。それ以降、自ら北欧楽器を演奏しながら、現地のミュージシャンを毎年地元松阪に招いてコンサートを企画し交流を深めている。
国内外のミュージシャンとの共演、コンサート、レコーディング多数、自ら作曲も手掛ける。文化教室『北欧音楽ワークショップ』講師を長年務め、今年の5月には参加型野外イベント『北欧の森音楽会』を主催するなど、北欧音楽の啓蒙活動も積極的に行っている。
◆アヤコ:北欧ヴィオス
美しいだけでなく大地に根ざした響きを持つ、透明感がある北欧ヴォイス
◆カリーム:ダルブッカ
中東の打楽器ダルブッカ奏者。ベリーダンスの伴奏で各地で大活躍している。

<Kanran Profile>
北欧音楽に魅了されたアヤコとトリタニが伝説の北欧バンド『ナカトルマ』を経て2008年に結成。北欧伝統音楽に 影響されたオリジナル曲は独自の趣があ り、日本中に熱心なファンを持つ。2012年1stアルバム『大地のうた』リリース。2015年シングルCD『青いサカナ』を制作。2015年8月には世界中からアーティストが集う『はこだて国際民俗芸術祭』に3日間連続出演を行った。

Marja Helena Fjellheim Mortensson

マリア・モッテンソン  Vo
榊原和栄                  Piano
1995年生まれ(現在21歳)。 HedmarkのSvahken Sijte出身である若手のヨイク唱者/シンガーMarjaは素晴らしい声の持ち主である。 彼女が堂々と演奏する音楽からは先祖から受け継がれてきた南サーミの強烈な存在感とアイデンティティを感じる。 Marjaはトナカイの放牧を家業とする家に生まれ、彼女の生活や音楽はサーミの生き方に強く影響を受けた。 彼女の歌は自然との密接な絆を描写し、トナカイの群れと共に生きていく決心や南サーミ独特の言葉を守りたいという思いを歌ってる。

最近ではFrode Fjellheimとの共演も多く、伝統的なヨイクに新しい息吹を吹きかけている。Frodeとのコラボレーションであるプロジェクト”Russuoh Vuölieb” (ヨイクよ目覚めよ)や、 FrodeがNord大学で教えているコースにより、MarjaはUme Samiや南サーミの伝統について改めて深く学ぶこととなった。

2013年にHedmarkの文化賞を受賞。 2014年のRiddu Ridduフェスティバルで「ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」となり、台湾、シベリア、コンゴ共和国といった国地元のアーティストと一緒に演奏する機会にも恵れた。 2015年のHarstadでのFestspilleneフェスティバルではGeorge Buljoと共演。2016年にはサーミ音楽の伝統音楽部門で賞を受賞。 彼女はまた、ノルウェーのハラルド王とソニア王妃の25周年記念コンサートでも演奏。 2016年の秋にはFrode Fjellheimプロデュースによるデビューアルバムをリリース予定。

コメント

人気の投稿